ダラシンの特徴・効果まとめ

dalacin

ダラシンは佐藤製薬によって販売されている医薬品で、主成分がグリンダマイシンリン酸エステルの抗生物質です。

グリンダマイシンリン酸エステルは体内で加水分解されて、グリンダマイシンとして抗菌力を現します。

抗菌力を示すのはグラム陽性球菌属、嫌気性菌群およびマイコプラズマ群に対してです。

グリンダマイシンに感性のブドウ球菌属、アクネ属に効果があり、化膿性炎症を伴うざ瘡に適応があるためペプチド転移酵素反応を止めて、タンパク合成阻害します。

dalacin

用法はダラシンを1日2回、洗顔後に患部に塗布です。

ローション剤はエタノールを含むため、アレルギー症状のある方は控える。

ダラシンの長期使用は耐性菌の発現等を防ぐために、治療上必要最低限の使用にとどめること。

また4週間で効果が認められない場合には中止して、医師に相談しましょう。

塗布する面積も必要最低限にとどめましょう。

ダラシンはよく、ディフェリンゲルとともに処方されます。

洗顔し、化粧水を付けた後、角質を取り除く効果のあるディフェリンを使用し、その後に抗生物質であるダラシンを使用しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ