ニキビ治療薬の症状別の選び方について

nikibi skin

ニキビ治療薬は、繰り返しできるニキビを早く治したいという方に効果的な治療薬です。

ニキビ治療薬は、ドラッグストアで手に入る市販薬と医師の診断が必要な処方薬の二種類あり、症状によって正しい薬を選ぶことが大切です。

薬で治すことができるニキビは、白ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビの3種類です。

白、赤、黄の順番で症状が進んでいくので早い段階で薬を使用することが大切です。

ニキビの炎症をすぐ抑えたい場合には塗り薬が効果的ですが、基本的には体の内側からのケアが大切なので、漢方などを利用してもいいと思います。

ニキビ治療薬には5種類ありますが、テラ・コートリルという薬は速効性が高く赤ニキビのある人におすすめの薬です。

オロナインH軟膏という薬は、値段も手ごろで始めて市販薬を使用する人におすすめの薬です。

ペアアクネクリームという薬は、べたべたしないクリーム状の薬で、塗るとさらりとした無色に変わります。

また、クレアラシルという薬は、速効性は高くないと言われており、ビフナイトは塗りすぎると乾燥する可能性があると言われています。自分の症状に合った薬を選ぶことが大切です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ